【相談事例】土地を購入し、住宅を建てる予定であったが、中断したい。

【相談事例】土地を購入し、住宅を建てる予定であったが、中断したい。

新築戸建て住宅購入の「逆」相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様2人【職業】公務員【居住エリア】東京都立川市

相談のポイント

家を建てたいと思って、土地を購入したが、当初の予算オーバーで購入してしまい、これから家を建てようと考えたが、「中断」をしたいと考えている。どのような損害が発生するのか知りたい。

具体的な相談内容

いい立地で希望の土地が出てきたので、予算より500万円高かったが、購入し、その後住宅メーカーをほぼ決定して建てる予定となった。しかし、当初予算をオーバーしたため総予算が上昇してしまい支払いが厳しいのではと考えるようになった。また共働きの予定であったが、子供たちの成長を見守りたいと思うようになり奥様は退職または転職をすることとなった。予算も上昇している上、収入も変化するので、将来のお金について悩んでいる。前回と相談事例と同じような文章ですが、今回のケースも土地の場所や形は申し分なくやっと巡り合えた土地で、いいとは思っている。また、住宅メーカーも担当者の対応も大変よくいい家が建てられるとも思っている。購入したいジレンマとあきらめた方がいいという葛藤があり、第三者の専門家に相談したい。損失については、覚悟しているが、どれくらい発生するのかまた、これ以上かかるものはないのかも確認したいと考えて相談したい。

相談メニュー

住宅FP相談

分析結果 

住宅の総予算については、当初より500万円オーバーしたということであったが、当初予算設定は、ご自分達で決めた予算であったそうでう。また、住宅メーカーにつきましても大変気に入られており、もうこのような住宅メーカーそして担当者とも出会えないのではとも思い大変悩んでいる。というお金のキャッシュフロー面
の相談もあることながら、感情論の面もありました。まずは、ライフプラン表の作成にて判明したことは、やはり年齢的にもご本人達は住宅購入適齢期であることも認識されており、先延ばしに大きなメリットも見当たらない事もありました。また検討理由であった子供達をのびのびと育てたい!庭で遊ばせたい!等の購入動機も本計画では十分に叶えられる場所・プランであり申し分ない状況でした。しかし不安材料は、お金の面の将来不安はどうしても払しょくできないとのこと。確かに家計収支については経常的な赤字が続いており、共働きゆえの外食費や食費の比率が多いという現状確認にて判明されました。この点については家計管理の徹底や方法提案により改善は可能の範囲でしたが、「当初の予算より500万円オーバーしている」という点がどうしても解消できないとのことで、最終的には、「中止」を決断となりました。損失については簡易試算では土地売却の際の仲介手数料・登記料等、土地代金の融資返済額の金利・返済負担(売却するまで)、融資の際にかかった手数料等の総額と登記料等、他、売却が希望金額で売却できない場合のその差額の合計となり、400万円程の損失が避けられないとなりましたが、計画立て直しとライフプランの再計画のためには「致し方ない」と決断になりました。

結果

結果は、ご本人達にて結論に至られました。当社は、かかる費用と解約スケジュール、連絡対応方法、順番等のご提案をさせていただき、「大きなストレスなく」決定事項が進捗できるようにサポート提案を行いました。

補足

住宅購入検討をする時に、住宅購入「前」に「専門家」かつ「第三者」に「有料で」相談するという認識は大変低いと思います。これは、日本の商習慣でもあることと考えます。これには、これまでそのような業態や業者・専門家がいなかったとも思いますが、私はこの点を啓蒙し、目指すべ目標の「FPに相談する」という方法があることを広めていきたい再認識させられました。有料で相談するということはまだまだ日本では定着してはいないところもありますが、数千万円の購入をするときに「無知識」で購入することの怖さを感じてほしいと思います。住宅メーカー様もそして担当者も大変な苦労をされて事業をされております。そのためエージェント(代理人)として、住宅検討者と住宅メーカー様の双方がよりよい関係性が築けることを目指してまいります。

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。


初回無料相談」は1回限りです。
メールでのご連絡・ご回答またはお電話での相談15分間は無料。
当社がパートナーとして適切かご判断ください。
また、お客様の相談内容が当社のご相談メニューで有効かを判断させていただきます。

住宅購入時のノウハウや住宅ローンの賢い組み方、 住宅購入時の生命保険見直し、火災保険の正しい加入方法、家計のムダの削減方法を公開いたします。


コメントを残す

*

PAGE TOP



株式会社エフエージェンシー

〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25-12F
TEL:0120-994-823
電話受付: 平日 AM 10:00 〜 PM 7:00(水曜定休 祝除)
面談中のため、電話が留守電になる場合がありますので、
必ず「お名前とご連絡先をお知らせください」




MENU

CONTACT

TEL
HOME