ブログ記事一覧

年末年始休業のお知らせ

2017-12-25 [記事URL]

年末年始休業のお知らせ

平成29年12月30日~平成30年1月4日は年末年始休業となり、訪問面談・相談業務は受付不可となりますので、予めご了承くださいませ。また電話受付・スカイプ面談も受付不可となります。尚、インターネットによるご予約受付は当該日以外は随時受付中です。大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。代表井上


新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市

2017-12-25 [記事URL]

新築マンション購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市

相談のポイント

住宅ローンの承認

具体的な相談内容

新築マンション【6,000万円】を契約済であるが、住宅ローンが不承認となっており、いずれかの金融機関で融資を通したいが、どうすればいいのか不明のため、FPに相談したいと考え、ご相談を検討。購入の理由は、特殊な事情があり、契約しなければならなかったとのこと。唯一ローンが組めるかもしれない金融機関は金利が3%代であり、実質返済は不可能と考えている。どうすれば低利の融資が受けられるかを知りたい

相談メニュー

初回無料相談

分析結果 

初回無料相談での短時間での判断でしたが、契約内容をご理解冴えれていない様子でしたので、斡旋融資とプロパー融資(個別融資)の違いの理解をご確認いただく。プロパー融資(個別融資)の場合、融資といっても自己資金扱いとなるため融資が成立しない場合ば、お金が用意できなかったご本人(契約者)が悪いとなり、手付金は返金されません。また、支払い期日を過ぎていますと違約金が発生し、場合により手付金よりもさらに請求されることとなります。なぜ、このような契約内容で契約されたかは今回、後の祭りですが、状況説明を行いまい、「大変まずい状況」をご理解いただきました。ただし、低利の融資を受けられる約束は当社ではできませんので、残念ながら、今回はご予約お申込みはされなとのことでした。

結果

売主や販売担当者もこのようになることは容易に推測できたと思いますが、なぜに契約を締結したのか私は思います。様々な事情も推測されますが、今回のケース「理解した泣き寝入り」が解決方法かもしれません。その後は不明ですが、融資機関の紹介は多数できたので、私も少し残念です。ご検討を祈ります。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。以上


新築注文戸建購入相談【相談者プロフィール】30代夫婦+お子様2名、職業会社員

2017-12-18 [記事URL]

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

東京都在住 30代ご夫婦+お子様2人、職業会社員

相談のポイント

我が家の適正住宅購入価格が知りたい

具体的な相談内容

新築注文住宅の購入を検討しているが、今後のお子様の教育費の上昇と現在の家計で赤字なので、支払いが難しいのではなかと考えているが、なんとかできる限りの購入を検討している。何が他の家庭と違い、自分達の家計の問題点を把握したい。

相談方法

住宅FP相談(ライフプラン相談)

分析結果 

お子様の誕生と同時に開始した(第一子・第二子)、学資保険の保険料の支払いが重荷となり、毎月の生活費を圧迫していることが判明。大学進学を検討しているが、必要資金については、親御様からの援助もあり、既に準備済であり、目的のない貯蓄となっていました。中途解約には契約返戻金が支払い保険料より低いというリスクがありますが、選択肢としてご提案を行い、第二子分は、解約し、その分を家計生活費に繰り入れを行い毎月の収支を改善。また「貯蓄ができない」とのことでしたので、銀行口座にて定期積立を毎月5000円から実施していていくことをご提案し、実行。1年後に再度進捗状況確認を行うことを予定し、終了。

結果

目的と手段の違いは、心理的な負担が多きなります。人生三大出費といわれる「教育」「住宅」「老後」の資金の貯蓄方法は、3点をバランスよく考え、いつ、いくら、どれくらいを明確に決める必要性があります。ただ漠然と始めたり、それだけ(例えば教育資金だけ)を考えてしまうと、結局は家計収支を圧迫し、本末転倒となってしまう可能性が高くなります。

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。写真と本文は関係ありません。以上
  


新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様【職業】会社経営【居住エリア】神奈川県横浜市

2017-12-11 [記事URL]

新築注文住宅購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様【職業】会社経営【居住エリア】神奈川県横浜市

相談のポイント

住宅購入後のライフプラン

具体的な相談内容

新築戸建て【注文住宅】を土地からの購入を検討している。住宅検討は初めてであり、何からすればいいのか不明のため、FPに相談したいと考え、日本FP協会CFP検索よりプロフィールを見てご自分達の相談事項に最適と考えられ、ご相談のご依頼。会社経営のため個人資産と会社資産の分別を明確に分けたいとなり、再確認も含めたご相談。またお子様の将来を考慮し、最適な教育環境を整えたいとお考えで、将来の海外留学も視野に入れられている為住宅費が教育費を圧迫しないようとのお考えで、ライフプランをご希望

相談メニュー

住宅FP相談(ライフプラン相談)

分析結果 

家計収支については、家計簿管理をされておらず、いわゆる「どんぶり勘定」でありましたが、節税対策を検討中という状況でもありある程度の余裕資産をお持ちでしたので、活用を検討。ただし、経営状況にも左右されるため住宅ローンの期間は、教育費が高くなる時期の前に終了するべきとキャッシュフロー表から分析しました。

結果

ライフプラン表作成にあたっては、個人家計と会社のお金を分離する事を一番の注意点としました。継続的な収入は会社員の場合は、計画しやすいですが、経営状況に左右される収入は定期的な上昇ではなく、リスクを取った収入とし20年以内の住宅ローン返済期間で購入できることを住宅購入予算の前提状況としてご説明。家計管理の徹底により、今後の見通しがたてることができ、目標設定が明確になったとのことで、住宅購入を決断されました。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。以上


新築マンションの購入検討 家計見直し相談 40代女性主婦

2017-12-04 [記事URL]

11月度のご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

神奈川県在住 40代女性 職業 主婦

相談のポイント

我が家の家計相談

具体的な相談内容

新築マンションの購入を漠然と検討していて一定の貯蓄を毎月行っているが、ご主人の年齢が、50歳となり、ローン返済期間を考慮すると購入をしないといけないと思っているが、今後の教育費等が気になる。どうすればいいでしょうか?

相談方法

その他個別相談

分析結果 

家計収支については、比較対象がない(総務省統計はあるももの実生活とは乖離があると思っている)ため、漠然とした不安が継続しているが、収入に対しての貯蓄率は、高く「目的のない貯蓄」の傾向があるため、「住宅購入の頭金」「教育費」として等を、何年後、いくら、を目標設定。家計収支については、半年ごとの収支確認をご提案(書式は当社書式をご提供)

結果

他の家庭よりも支出が大きいわけではなくむしろ、遊興費を削るなどゆとりのある生活を自ら避けていたことに気づかれ、目標額は守りつつ支出を増やすことも考慮し、住宅予算の上昇もあわせてご提案し、終了となりました。

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。
以上


お安い!?リフォーム

2017-11-27 [記事URL]

お安いリフォーム

旅行から帰宅すると、玄関入って正面が様変わりして、一瞬他人の家に入ったのか(マンションの階数間違い)と扉を締めてしまいました。しかし、間違いないので、再度開けるとよく見るとうれしい子供たちからのメッセージが費用は、数千円で、効果はプライスレス!?お仕事がんばろう!と思えた瞬間でした。以上


新築マンション購入相談事例 東京都在住 40代ご夫婦+お子様2人 職業 会社役員(上級幹部)

2017-11-27 [記事URL]

11月度のご相談事例をご紹介いたします。

【相談者プロフィール】東京都在住 40代ご夫婦+お子様2人 職業 会社役員(上級幹部)

相談のポイント

新築マンション購入と住宅ローン賢い組み方相談

具体的な相談内容

新築マンションの購入は、決定済(住宅ローン承認・売買契約予定)ですが、今後の教育費の確認と15年後に購入物件を賃貸とし活用する方法のご相談

相談方法

住宅FP相談(ライフプラン相談)を実施し、ライフプラン表に15年後の賃貸計画と買い増す計画を追記し作成。
 

分析結果 

 返済期間は、35年ですが、完済計画を10年で設定提案のため、住宅ローンについては、金利の低い金融機関より「保証料」の扱いの金融機関を提案。*「手数料」の場合は、繰上げ返済時の還付返金はないため賃貸計画については、将来の賃貸料予想(賃料相場表有)から80%の賃料にて設定空室リスクを全20年中の内、5分の1 約4年(収入0)にて
 計算し、高リスクにて計算。買増し物件については希望金額より10%UPにて設定しました。収入は低く、支出は多くにて計画(ライフプラン表)を作成しまいたが、十分にリスクヘッジできるとご判断され、ご提案どおりの内容にて実行。また、10年後での一括繰上げ返済に生命保険商品を提案し、ご提案内容通りに申し込みされ、他、購入と同時に保険の見直しをご希望され、再相談のご希望となりました。最重要なことは「ご自分で」判断できるようになったことです。

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。


フラット35相談事例,神奈川県在住,40代ご夫婦+子供3人,職業 会社経営

2017-11-23 [記事URL]

11月度のご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール

神奈川県在住 40代ご夫婦+子供3人 職業 会社経営

相談のポイント

住宅ローン借り換え相談

具体的な相談内容

 
10年前に住宅ローンを組んでマンションを購入したが、少しでも返済額が低くなるのであれば、今のローンを借換して低金利にしたい。
 

相談方法


ローン残高額の確認と返済表の確認。他、返済実績(1年以内の返済遅延の有無確認)。収入証明書の確認。住宅ローンの組み方相談でした。
 

分析結果 

返済金利は、0.975%(変動金利) で、ローン残高は、2300万円、残期間は21年、収入要件・返済実績(新規融資から3年以内原則不可等)を考慮し、借換イは可能ですが、借り換えに伴う別途費用(司法書士登記料・融資手数料・新規保証料等)を現状維持と借り換え後を比較すると効果が低いことが判明。現状維持をご提案と可能であれば、金融機関へ返済金利減額提案を実施していただくこと提案にて終了。
 

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。


投資マンション情報【多数物件同時掲載】

2017-11-23 [記事URL]

不動産投資(ワンルーム)をご希望の方は
弊社までお申し付けください。

投資を今後ご検討の方は、
「ご相談メニュー 投資マンション購入相談」をご利用ください。

物件情報
*********************************************
物件資料のPDF版を掲載いたします。
ご覧ください

物件一覧201711
**********************************************
【お問合せ先】
フリーコール 
0120-994-823 からお問合せください。
10:00~19:00(水曜定休 祝除)
留守電になる場合は、メッセージを
残してください。

また、ホームページの「お問合せから」からお問合せください。


投資マンション情報【 ルフレ リバーサイド町屋 】

2017-11-23 [記事URL]

不動産投資(ワンルーム)をご希望の方は
弊社までお申し付けください。

投資を今後ご検討の方は、
「ご相談メニュー 投資マンション購入相談」をご利用ください。

物件情報
**********************************************
新しい物件の発表がございましたので、お送りいたします。

・最寄駅  東京メトロ千代田線「町屋」駅、都電荒川線「町屋駅前」駅 徒歩9分
 京成本線「町屋」駅 徒歩10分
 
・販売可能戸数
   38戸

ポイント①
「東京」駅へ16分、「新宿」駅へ21分と主要オフィス街へのアクセスに優れています。

ポイント②
再開発による駅前商業施設や昔ながらの商店街など整った住環境ながら、物価も安いため人気があります。

ポイント③
月々のキャッシュフローが大幅のプラスで取り組むことが可能です。
※ランニングにつきましては、個別にご相談ください。

今回は2DK・2LDKタイプなので賃貸用は勿論、実住用としても考えていただけます。
ご興味のあるお客様がいらっしゃいましたら、ご連絡頂けますと幸いです。
ご質問や、個別の収支計算なども承りますのでお気軽にご連絡下さい。
何卒宜しくお願いいたします。

**********************************************
【お問合せ先】
フリーコール 
0120-994-823 からお問合せください。
10:00~19:00(水曜定休 祝除)
留守電になる場合は、メッセージを
残してください。

また、ホームページの「お問合せから」からお問合せください。


初回無料相談」は1回限りです。
メールでのご連絡・ご回答またはお電話での相談15分間は無料。
当社がパートナーとして適切かご判断ください。
また、お客様の相談内容が当社のご相談メニューで有効かを判断させていただきます。

住宅購入時のノウハウや住宅ローンの賢い組み方、 住宅購入時の生命保険見直し、火災保険の正しい加入方法、家計のムダの削減方法を公開いたします。

PAGE TOP



株式会社エフエージェンシー

〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25-12F
TEL:0120-994-823
電話受付: 平日 AM 10:00 〜 PM 7:00(水曜定休 祝除)
面談中のため、電話が留守電になる場合がありますので、
必ず「お名前とご連絡先をお知らせください」




MENU

CONTACT

TEL
HOME