ブログ記事一覧

【相談事例】本当に家を買っても大丈夫なのかを確認したい。家を買った後のお金の流れがどうなるか知りたい

2018-01-29 [記事URL]

新築戸建て住宅購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様3人【職業】会社員【居住エリア】東京都国立市

相談のポイント

家を建てたいと思っていますが、本当に買っても大丈夫なのか知りたい

具体的な相談内容

1週間以内に土地購入の決断を迫られているが、本当に契約していいのか悩んでいる。土地の場所や形は申し分なくやっと巡り合えた土地で、いいとは思っている。また、住宅メーカーも決まっており、理想の建物ができる土地であることは間違いない。しかし、価格が当初計画より800万円高くなり、本当にいいのか悩んでいる。子供が3人いるのが、まだ小さくこれから大学までいかせるとなるとどれくらいのお金がかかるのかわかないし、貯蓄もできないのは不安。あきらめた方がいいのかどうかを第三者の専門家に相談したい。でもこれから同じおなじような土地には巡り合えないような気がする。

相談メニュー

住宅FP相談

分析結果 

奥様は現在育児中で、収入がご主人様のみとなっており、4年前から貯蓄が少し減少してきたいるのが、一番の不安材料でした。ただし、実情は、子供たちの習い事費用の増加や外食費が多い等理由がありました。また、将来へ投資として、奥様も資格取得講座に継続参加されるなど支出は多めでありました。当初予算が、総額5,000万円以内で探し始めたのに対し、5,800万円となりそうであることも心理的に不安であったとのことです。ヒアリングにより潜在的な不安点を確認し、ライフプラン表を作成し、分析結果をご説明しました。一過性であることは明確であったことと、お子様の教育費については、ご自身達は、学生当時地方から東京への進学のため下宿費用等仕送りをもらっており親にはお金の迷惑をかけたと思っていたそうです。しかし、所在地が東京都となり、自宅から通学できることは大きな教育費の削減にもなることが比較により発見。また、そのためには自宅は通勤通学に長く便利な方がいいため、駅には遠いより近いことがより快適になることと、大人5人でも十分な広さが各部屋にとれる(今はまだ大きな部屋はいらないが将来)方が、ご自分達に将来設計には適しており、ある程度の広さを必要であるほうが「大は小を兼ねる」という結論にいたり、購入決断されました。

結果

住宅購入後のお金の流れが整理できたことが一番大きな安心感につながったとのとです。一時期と一過性の赤字(収入より支出が多い)の時期はあることは車の買い替え頻度を長くすることや、家計管理をがんばることで解消でき、ひとつの方向性と目標が見えたことが、土地購入の決断にいった理由とのことでした。ライフプラン表では、さらに住宅ローンを35年返済で開始し、25年で完済(すべて返済してしまうこと)の計画も同時に提案。低金利という時代ですが、やはり利息は利息であるので早めに返済し、年金でも十分豊かなくらしができることを再確認し、あわせて商品提案も行いました。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。


【相談事例】マンションを買い替えたいが、今のローンが残っているので、無理なのでは?

2018-01-22 [記事URL]

マンション買い替え購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様2人【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市西区

相談のポイント

買い替えしたいのですができますか?

具体的な相談内容

7年前に新築でマンションを4,000万円台で購入したが、その後家族(子供)が増えてて、手狭に感じて来た。いまオリンピック前なので、自宅マンション入るチラシを見ると同じマンションが前より高く売られていて購入したときよりも高く売れるのではないかと思うが、売ることを不動産屋さんに具体的に相談したわけではないので、わからない。また購入当時マンション価格とほぼ同じ住宅ローンを組んだので、ローンの残りがあり、もし売れても儲けることはあまりないと思う。ご主人様は年齢も45歳を超えているので住宅ローンの返済期間も短くなると聞いたので、どうしようかと不安になった。新しく考えているマンションは、中古でいいと考えており、以前に比べて広さ重視で考えているので駅からは遠くなるが、価格はあまり変わらないくらいです。住宅ローンが残ったままですが、買い替えできますか?という相談でした。

相談メニュー

住宅ローン相談

分析結果 

マンションの買い換えにかかる手数料(仲介料・登記代金)がかかることをまずご説明し、総額概算計算を行う。自宅マンションの売却金額は、最低売却金額を周辺相談より任意査定し、最安での売却の場合を想定し試算。物件探しは先行しておこなっており、ある程度の価格と広さ、築年数、場所はまとまっているので、計画金額で、購入した場合で買い替え想定しました。今回のケース、ご所有のマンションが、30%程度は値上がりしており住宅ローンの残債については、十分に売却益(儲け)により返済可能と判断しました。またその分の手数料も利益分で賄えると判断し、簡易シュミレーションしました。あとは年齢による返済期間の制限ですが、「やるなら今がチャンスとご主人様は判断」。もう一部屋増やしたい気持ちが、簡易シュミレーションで判断できたからだそうです。不動産屋さんには以前簡単には相談したことあるそうですが、値上がりするということが余り信じられず(営業マンションセールストーク)と感じていたが、客観的な第三者に聞くことによって確認をされたかったとのことです。

結果

特に問題ないと思いますとご説明。ただし、年齢のことを考慮すると、やるなら(買い替えするなら)一年でも早い方がいいのではとご判断されました。これから本格的に売却相談されるそうです。ただ、住みながらの買い換えなので、購入する先は引っ越し済等(現所有者がいまは住んでいない)でいつでも売れた時点で引っ越しできることもメリット(2度の引っ越し費用の削減)もご提案しました。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。


【相談事例】我が家の適切な住宅購入価格が知りたい。(30代ご家族)

2018-01-15 [記事URL]

建売住宅購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様【職業】会社員【居住エリア】東京都北区

相談のポイント

住宅購入予算が知りたい

具体的な相談内容

住宅見学を1年間行ってきたが、そろそろ購入したいと考えるようになった。周辺の土地は高すぎて(と考えていて)注文住宅が夢だったが、現実を考えたら建売住宅が我が家で手が届く範囲と思うが、とはいっても、5000万円という金額がどうも手が届かない範囲ではないかと思い決断ができないので、相談をしたいと考えた。建売住宅メーカーのFPの人にも相談したが、どうも納得できない。我が家の収入は、夫婦で1000万円台であるが、二人目ができた時には、奥様は仕事をやめようと思っており今後の収入が今までのようではないので、いまはいいが、将来が不安。また子供たちは絶対に大学(東京六大学)に行かせたいので、今後の教育費も残しておきたい。もしかして我が家がは家を買うのはまだ早いのではとも思い始めたので、第三者の専門家に相談したかった。そそしてホームページのライフプラン表サンプルを見て、あのようなものを作成してもらって、専門家の意見を取り入れて我が家で判断できるようにしたい。とのこと。またあわせて、独身の時に入ったままの生命保険も見直したいので、それも相談したい。

相談メニュー

住宅FP相談

分析結果 

通常のSTEP1にてヒアリング、STEP2にてSTEP1をもとに作成したライフプラン表のご説明を行いました。世帯年収は、ご夫婦でそれぞれ同額の500万台のため、奥様が主婦となると赤字家計となることが明確となり、また自動車の買い換えの都度世帯の金融資産額(預貯金額)が減っていき、S様が理想とするライフプランは実現できないことが数値とグラフで示されることとなりました。住宅メーカーのFPに相談した結果と真逆のこととなり大変驚いたが、自分達のそのままの家計で計算したためこちらが本当に正しいことが納得できたとのことで、一度住宅購入計画は中断するという結論になりました。問題点としては、奥様が仕事を辞めるということもありますが、それ以上に食費や通信費、光熱費等全く管理されておらず、貯蓄もしてこなかった(計画的なことは皆無)であったことが、当社では問題と指摘させていただきました。一度、家計の管理ができるようになってから購入検討することになりました。その一環として生命保険の見直しをご依頼いただき、ライフプラン表のお考えにあった見直しを実施することとなりました。

結果

今回大変昔に入った保険であったため保障内容も料金もどちらも良くなる(充実と安く)こととなり、「相談料分以上に得をした」とおっしゃっていただきました。ご夫婦のご職業や年収から想定すると貯蓄額が少ないことが当初から不思議でしたが、理由は明確でありまた対策提案も様々な事ができるご家族でしたので、あとは実行するのみのです。よく住宅ローンの金利は変動金利と固定金利どちらがいいのですか?と質問されますが、その前に家計の見直しの方がもっと重要であるケースが多くありますが、今回もその典型的な例でした。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。以上


住宅購入相談FPのお客様の口コミサイト

2018-01-14 [記事URL]

2018年1月~

住宅購入相談FP(ファイナンシャルプランナー)をご利用されたお客様の声(ご検討の方も)
ご意見・ご感想をご自由にお書きください。ページの下の方にコメント記載欄があります。


不動産投資物件情報

2018-01-02 [記事URL]

不動産投資(ワンルーム)物件情報

新規物件情報がございましたので、お送りいたします。

物件ポイント

物件一覧(図面)20171220
**********************************************

【お問合せ先】

お問合せは、住宅購入相談FP㈱エフエージェンシーまで.フリーコール:0120-994-823からお問合せください。10:00~19:00(水曜定休祝除)留守電になる場合は、メッセージを残してください。また、ホームページの「お問合せから」からお問合せください。


相羽建設(株)もちつき大会に参加して来ました。

2017-12-30 [記事URL]

もちつき大会参加

年の瀬ですが、12月29日(金)お取引先でもある相羽建設株式会社様恒例の年末もちつち大会に初参加して来ました。創業以来毎年続けられているとの事。入居者の皆様も参加されていて毎年数百名の参加者とのことです。つきたてのおもちもいただきました。今年も1年ありがとうございました。


年末年始休業のお知らせ

2017-12-25 [記事URL]

年末年始休業のお知らせ

平成29年12月30日~平成30年1月4日は年末年始休業となり、訪問面談・相談業務は受付不可となりますので、予めご了承くださいませ。また電話受付・スカイプ面談も受付不可となります。尚、インターネットによるご予約受付は当該日以外は随時受付中です。大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。代表井上


新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市

2017-12-25 [記事URL]

新築マンション購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子様【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市

相談のポイント

住宅ローンの承認

具体的な相談内容

新築マンション【6,000万円】を契約済であるが、住宅ローンが不承認となっており、いずれかの金融機関で融資を通したいが、どうすればいいのか不明のため、FPに相談したいと考え、ご相談を検討。購入の理由は、特殊な事情があり、契約しなければならなかったとのこと。唯一ローンが組めるかもしれない金融機関は金利が3%代であり、実質返済は不可能と考えている。どうすれば低利の融資が受けられるかを知りたい

相談メニュー

初回無料相談

分析結果 

初回無料相談での短時間での判断でしたが、契約内容をご理解冴えれていない様子でしたので、斡旋融資とプロパー融資(個別融資)の違いの理解をご確認いただく。プロパー融資(個別融資)の場合、融資といっても自己資金扱いとなるため融資が成立しない場合ば、お金が用意できなかったご本人(契約者)が悪いとなり、手付金は返金されません。また、支払い期日を過ぎていますと違約金が発生し、場合により手付金よりもさらに請求されることとなります。なぜ、このような契約内容で契約されたかは今回、後の祭りですが、状況説明を行いまい、「大変まずい状況」をご理解いただきました。ただし、低利の融資を受けられる約束は当社ではできませんので、残念ながら、今回はご予約お申込みはされなとのことでした。

結果

売主や販売担当者もこのようになることは容易に推測できたと思いますが、なぜに契約を締結したのか私は思います。様々な事情も推測されますが、今回のケース「理解した泣き寝入り」が解決方法かもしれません。その後は不明ですが、融資機関の紹介は多数できたので、私も少し残念です。ご検討を祈ります。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。以上


新築注文戸建購入相談【相談者プロフィール】30代夫婦+お子様2名、職業会社員

2017-12-18 [記事URL]

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

東京都在住 30代ご夫婦+お子様2人、職業会社員

相談のポイント

我が家の適正住宅購入価格が知りたい

具体的な相談内容

新築注文住宅の購入を検討しているが、今後のお子様の教育費の上昇と現在の家計で赤字なので、支払いが難しいのではなかと考えているが、なんとかできる限りの購入を検討している。何が他の家庭と違い、自分達の家計の問題点を把握したい。

相談方法

住宅FP相談(ライフプラン相談)

分析結果 

お子様の誕生と同時に開始した(第一子・第二子)、学資保険の保険料の支払いが重荷となり、毎月の生活費を圧迫していることが判明。大学進学を検討しているが、必要資金については、親御様からの援助もあり、既に準備済であり、目的のない貯蓄となっていました。中途解約には契約返戻金が支払い保険料より低いというリスクがありますが、選択肢としてご提案を行い、第二子分は、解約し、その分を家計生活費に繰り入れを行い毎月の収支を改善。また「貯蓄ができない」とのことでしたので、銀行口座にて定期積立を毎月5000円から実施していていくことをご提案し、実行。1年後に再度進捗状況確認を行うことを予定し、終了。

結果

目的と手段の違いは、心理的な負担が多きなります。人生三大出費といわれる「教育」「住宅」「老後」の資金の貯蓄方法は、3点をバランスよく考え、いつ、いくら、どれくらいを明確に決める必要性があります。ただ漠然と始めたり、それだけ(例えば教育資金だけ)を考えてしまうと、結局は家計収支を圧迫し、本末転倒となってしまう可能性が高くなります。

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。写真と本文は関係ありません。以上
  


新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様【職業】会社経営【居住エリア】神奈川県横浜市

2017-12-11 [記事URL]

新築注文住宅購入相談事例

ご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様【職業】会社経営【居住エリア】神奈川県横浜市

相談のポイント

住宅購入後のライフプラン

具体的な相談内容

新築戸建て【注文住宅】を土地からの購入を検討している。住宅検討は初めてであり、何からすればいいのか不明のため、FPに相談したいと考え、日本FP協会CFP検索よりプロフィールを見てご自分達の相談事項に最適と考えられ、ご相談のご依頼。会社経営のため個人資産と会社資産の分別を明確に分けたいとなり、再確認も含めたご相談。またお子様の将来を考慮し、最適な教育環境を整えたいとお考えで、将来の海外留学も視野に入れられている為住宅費が教育費を圧迫しないようとのお考えで、ライフプランをご希望

相談メニュー

住宅FP相談(ライフプラン相談)

分析結果 

家計収支については、家計簿管理をされておらず、いわゆる「どんぶり勘定」でありましたが、節税対策を検討中という状況でもありある程度の余裕資産をお持ちでしたので、活用を検討。ただし、経営状況にも左右されるため住宅ローンの期間は、教育費が高くなる時期の前に終了するべきとキャッシュフロー表から分析しました。

結果

ライフプラン表作成にあたっては、個人家計と会社のお金を分離する事を一番の注意点としました。継続的な収入は会社員の場合は、計画しやすいですが、経営状況に左右される収入は定期的な上昇ではなく、リスクを取った収入とし20年以内の住宅ローン返済期間で購入できることを住宅購入予算の前提状況としてご説明。家計管理の徹底により、今後の見通しがたてることができ、目標設定が明確になったとのことで、住宅購入を決断されました。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。以上


初回無料相談」は1回限りです。
メールでのご連絡・ご回答またはお電話での相談15分間は無料。
当社がパートナーとして適切かご判断ください。
また、お客様の相談内容が当社のご相談メニューで有効かを判断させていただきます。

住宅購入時のノウハウや住宅ローンの賢い組み方、 住宅購入時の生命保険見直し、火災保険の正しい加入方法、家計のムダの削減方法を公開いたします。

PAGE TOP



株式会社エフエージェンシー

〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25-12F
TEL:0120-994-823
電話受付: 平日 AM 10:00 〜 PM 7:00(水曜定休 祝除)
面談中のため、電話が留守電になる場合がありますので、
必ず「お名前とご連絡先をお知らせください」




MENU

CONTACT

TEL
HOME